ようこそ!

社長・趣味のページへ ①

手巻きたばこ​を始める際に必要なモノ・・【初めての方へのお勧め】

手巻きたばこ

・ローラー(78ミリ)

​いろいろ試したが、このRAWのレギュラーとスリムの切り替えができる

このローラーが一番巻きやすく、失敗も少ない。値段は650円~800円ぐらい。

​70ミリのたばこが巻けるローラーもあるが、私は一般的な紙巻きたばこと同じ長さの78ミリがいい。

ネットで購入する場合、「手巻きたばこ ローラー」で数多くヒットする。


RAW ロー、ヘンププラスチック 78mm 切り替えレバー付き 1 1/4ローリングマシーン
 

 

【より巻きやすくする為の裏技】

​ローラーを外してシートを裏返して再度装着すると、ますます巻きやすくなります。

株式会社リリーフ
ローラー使用法.jpg

・フィルター

 

​私がよく使用するのは、ジグザグ スリムフィルター 450 【約450個入り】

フィルターもいろいろあって迷う。

レギュラー(直径7.8ミリ~8ミリくらい)

スリム(直径6ミリくらい)

長さも様々で、メンソールフィルターも人気がある。

​ネットで購入する場合、「手巻きたばこ フィルター」で数多くヒットする。

手巻きたばこフィルター

・巻紙(着火剤が入っていないもの)

smoking [スモーキング]ブラウン 1 1/4(78mm)

ペーパー 50枚入り×25ブックレット(1箱) 手巻きタバコ 巻紙

ローラーの長さに合わせて購入する必要があります。

もちろん、気分によって使い分けるのも手巻きたばこの利点です。


ネットで購入する場合、「手巻きたばこ 巻紙」で数多くヒットする。

手巻きたばこの、大きなメリットしては、

着火剤が入っていない巻紙でたばこが吸えるということです。

着火剤が入っている巻紙→「フリーバーニング」

着火剤が入っていない巻紙→「スローバーニング」

と言います。

スローバーニングでは、吸っていないとすぐにたばこの火が消えてしまいますが、

ゆっくりと吸うことができ、一般的な紙巻きたばこよりも満足感が得られるメリットがあります。


 

手巻きたばこ巻紙

・シャグ(たばこ葉)

ブランドだけでも30以上あり、様々なシャグがあります。

​入手方法は店頭で購入するか、ネットで購入することも可能です。

ネット購入の場合は購入時に年齢確認などが必要になる。

​ネットでのシャグ購入は、「世界のたばこ」ページが有名。

http://www.world-tobacco.net/free_9_28.html

最初、自分に合ったシャグを見つけるのは、なかなか大変かもしれませんね。

​私も40種類ほど吸ってみて、ようやく気に入ったシャグが5種類ほど見つかりました。

​葉っぱに香りがついているものも多くありますが、

葉っぱの香りと火をつけて吸った場合(喫味)とはイメージが違うこともよくあります。

・優れたコストパフォーマンス

手巻きたばこは、一般的な紙巻きたばこよりも、コストが安いと言われています。

私の場合、Marlboroボックスを吸っていましたので、これを基に試算してみます。

Marlboro 20本入り 540円 1本あたり27円。

手巻きたばこの場合。

チェ・シャグ 25g入り 580円 レギュラーサイズ1本を巻くのに約0.5g必要ですから約50本巻けます。

その他・スローバーニングの巻紙が100円50枚入り。

(チェ・シャグにはスローバーニングの巻紙が付いてきます)

フィルター 1個2円~4円 

計算すると、手巻きたばこのコストは1本あたり・15.6円~17.6円です。

丸巳シャグ

お勧めたばこ専門店

1位 山田商店 春日井市上田楽町2682-5  0568-83-2466

2位 丸己商会 名古屋市瑞穂区新開町24-47 052-882-3825

3位 赤門堂 名古屋市中区大須3丁目11  052-251-6776

その他のたばこ専門店

・てまきや(名古屋市) 

・ドン・キホーテ各店

​・シガーズアキラ(春日井市)